旧ISO絵表示!

写真はブランドセーターに付いている絵表示です

ナイロン35%  ウール30% レーヨン30% カシミヤ5%

ですが、なぜか「ドライクリーニング禁止」の表示が付いています。

クリーニング店では樹脂加工でもされているのだろうと考え、

絵表示通りの手洗いを行いましたが縮みが生じたとのこと!!

絵表示は、旧ISO(上段) と 旧JIS(下段) の絵表示です。

メーカーに問い合わせた所、「ドライクリーニングは可能」とのこと!

ヨーロッパ圏では環境保護の観点から、「手洗い不可」の場合はドライマークを付けるが、手洗い可能な場合は、あえて「ドライクリーニング不可」の表示を付ける

そうです。

ヨーロッパでは水も硬水で、少しぐらい縮んでも苦情に成らないと考えられますが、

日本では水は軟水で、顧客は非常にシビアです。

ISO表示はこれで良いとして、JIS表示は問題だと思うのですが!!!!!

数件の検査機関の方に個人的に聞いてみると、「JISとしては誤表示に成るだろう!」

との意見でした。

昨年12月1日より新ISO 新JIS 絵表示に移行しましたが、新JISでは、

「不可」の表示を付けるには「理由」が必要に成りました。

上記の商品の場合、新表示ではどのように表示されるか興味深いですね!!

 

クリーニングショップ衣料の美容室も宜しくお願いします。

( http://www.sentaku8.com )

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です